ドロップシッピングは、在庫を持たずに商品を販売する手法のこと。

販売価格を一定の範囲内で自由に設定することができる。

もしもドロップシッピングを始め、

幾つかの有名なプロバイダーが存在するものの、

このビジネスも出る自体は、昔から存在している。


その代表的なものとしては、インテリア家具。

商品の大きさが大きい為、

在庫を保有するには、大きな倉庫が必要となる。

小売店にとっては、かなり大きなリスクとなる。

そこで、メーカーが直接配送してくれる通販のビジネスモデルとして、

ドロップシッピングという手法は用いられてきた。


近年、使われているドロップシッピングは、

販売主にならない、つまり名前や会社名等を表記せずに、

副業として通販ビジネスを営むモデルとして使われている。


つまり、実はドロップシッピングというのは、

広義で言えば、2通り存在している。


販売主になるパターンと、ならないパターン。


どちらも在庫を保有することなく、

メーカー直送で顧客へ配送するということが共通点。 


販売主にならず、副業や小遣い稼ぎとして実践できる代表的なものは、

もしもドロップシッピングが圧倒的に強い。

大手のショッピングモールで販売されている商品も、

数多く登録されていることや、

通販に対する教育も充実していることから、

2013年現在、約35万人が登録している。 


しかし、同じ商品を扱う販売店が多くなることから、

競合対策や、コンテンツで何か秀でるものが欲しいところ。


単に商品を並べるだけでなく、

コンテンツを充実させ、顧客を誘導するノウハウは、

通販の事業者並みの実力が必要となる。