ネットビジネスを始めよう|本業、副業として

本業、副業として比較的簡単に始められるネットビジネスについて

集客を制する為に

ネットビジネスにおいて、集客を制することは重要。

実はこれ、できない人が多い。

続きを読む

通販事業を始める前に

ネットビジネスの手法の一つに通販事業がある。

通販事業を始めるにあたって、

多くの法人は2通りのルートを通る。


1つ目は、

商品やサービスが予めあり、

その商品を通信販売という形で、インターネットで販売する通販。


2つ目は、 

既存の商品を売るわけではなく、新規事業として、

通販事業の展開を試みるパターン。


1つ目は、インターネットの普及に呼応するように、

通販事業展開を図るケースが多いが、

最近は2つ目のパターンが増えてきているように見える。

 
それは、本業の経営状態の悪化が原因となっている場合が多い。 

何かで収益をプラスしていかないと、

社員の給料が支払えない、といった法人が増えている。

ついでに社内失業も増えており、

仕事量のバランスを取る為にも、

新規で通販事業に取り組む中小企業が多い。


しかも、初期投資がほとんどかからないというメリットは、

資金繰りに悩む中小企業には、

最善の方法に見えるに違いない。


ただ、通販事業にも落とし穴はある。

簡単に参入できて、すぐに利益が出るような、

甘いビジネスではない。


1つの問題点は、人財。

通販事業の事業責任者は、高度な能力が求められる。

それは、

・販売サイトをビジュアル化する感覚

・消費者と販売サイトを分析するマーケティング能力

・在庫や売上、利益を管理する数値的バランス感覚

これ以外にも多様な能力が求められる。


その為、何となく通販事業を始めてしまうと、

事業責任者が育っていない状態で運営が始まり、

自転車操業に陥る可能性が高い。


抑えるべき点は、最初から抑える必要があり、

これは事業の存続に大きく影響を与える大切なこと。

これに気付かずに通販事業を始めてしまい、

やっぱり儲からなかったということにならないようにしたいものだ。 

ドロップシッピングとは

ドロップシッピングは、在庫を持たずに商品を販売する手法のこと。

販売価格を一定の範囲内で自由に設定することができる。

もしもドロップシッピングを始め、

幾つかの有名なプロバイダーが存在するものの、

このビジネスも出る自体は、昔から存在している。


その代表的なものとしては、インテリア家具。

商品の大きさが大きい為、

在庫を保有するには、大きな倉庫が必要となる。

小売店にとっては、かなり大きなリスクとなる。

そこで、メーカーが直接配送してくれる通販のビジネスモデルとして、

ドロップシッピングという手法は用いられてきた。


近年、使われているドロップシッピングは、

販売主にならない、つまり名前や会社名等を表記せずに、

副業として通販ビジネスを営むモデルとして使われている。


つまり、実はドロップシッピングというのは、

広義で言えば、2通り存在している。


販売主になるパターンと、ならないパターン。


どちらも在庫を保有することなく、

メーカー直送で顧客へ配送するということが共通点。 


販売主にならず、副業や小遣い稼ぎとして実践できる代表的なものは、

もしもドロップシッピングが圧倒的に強い。

大手のショッピングモールで販売されている商品も、

数多く登録されていることや、

通販に対する教育も充実していることから、

2013年現在、約35万人が登録している。 


しかし、同じ商品を扱う販売店が多くなることから、

競合対策や、コンテンツで何か秀でるものが欲しいところ。


単に商品を並べるだけでなく、

コンテンツを充実させ、顧客を誘導するノウハウは、

通販の事業者並みの実力が必要となる。 

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは、成果報酬型のネットビジネスの一種

アフィリエイトを実践する人のことを「アフィリエイター」と呼び、

WEBサイトやブログ、メルマガなどに広告を貼り、

サービスや物販などの成果が出れば、報酬がもらえるという仕組み。 


ここで重要なのは、成果報酬型のネットビジネスであるということ。


つまり、広告主にとってもリスクの少ないプロモーションとなる。


メリットとしては、初期投資やランニングコストをほとんどかけずに挑戦でき、

自分自身が頑張れば、相応の報酬を手にすることができる。

しかも、副業やお小遣い稼ぎとして実践可能なので、

やり方によっては、楽しく継続させることができる。


反対にデメリットとしては、

広告主が求める成果に繋げられなければ、 

報酬はもらえないということが挙げられる。



近年は、アフィリエイトに関する様々な情報がネット上に氾濫し、

何を信じてよいのかわからなくなってしまうアフィリエイターが少なくない。

その為、稼げるようになる前に、

諦めてしまう人が多く、95%のアフィリエイターは、

報酬がゼロというデータもある。 


アフィリエイトについても、

手法が細分化されるので、 

最初の段階で整理しておき、

自分自身に合った手法を早い段階で見つけて、

作業に集中することが報酬アップへの近道となる。 


アフィリエイトの種類としては、

媒体の種類等によって、以下のものが挙げられる。

 ・サイトアフィリエイト

 ・PPCアフィリエイト

 ・ブログアフィリエイト

 ・メルマガアフィリエイト
 


中心となるの媒体は、やはりWEBサイト、ブログ、メルマガ、

この3手法が挙げられる。 

ネットビジネスの手法

ネットビジネスという括りは非常に大きいものになってきています。

つまり、このブログのタイトルにあるような「ネットビジネスを始めよう!」では、具体的に何を実践していけばよいのかわかりませんね。

知人に「ネットビジネスを始めたんだ!」と言われても、実際に何を始めたのかわかりませんよね。

そこで選択する必要があるのが、その手法です。


今から参入する人は、現在の立場で、ある程度、選ぶ手法を絞ると良いと思います。 


その視点としては、大きく分けると、副業なのか本業なのかという点です。

副業の場合は、名前を出せませんし、大きくい稼いでしまうと、税金や手続きの問題も発生します。

しかし、本業の場合は、販売主としてもビジネス展開できる可能性があります。

導入するネットビジネスのバリエーションとしては、圧倒的に本業で行っていく方が多くなります。


状況別のお勧めネットビジネスです。


【会社に勤めながら副業・小遣い稼ぎをしたい人】

 ・アフィリエイト

 ・ドロップシッピング


【既に独立していて、何らかの事業展開を図っている人 】

 ・ アフィリエイト

 ・ ドロップシッピング

 ・ ネット通販


中でも最近は、個人でも法人でもアフィリエイトをマッチングビジネスとして行うケースが増えてきています。

アフィリエイト、ネット通販といっても、その手法は細分化されます。実践方法によって、まったく生活スタイルや業務内容が変わってきてしまうので、最初に確認しておくと良いでしょう。

後になってこんな筈ではなかった!と言っても、実践を始めたネットビジネスを修正していくことは、意外と労力のかかるものです。

それぞれの特徴を見ていきましょう。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ